TOEIC、英検などマークシート用の試験でおすすめのツールについて紹介






TOEICや受験英語など、英語の効率的な勉強方法や、おすすめの英語の勉強本は以下について紹介しました。


効率的な英語勉強方法(概要編)


ここでは英語の勉強がある程度完了し、TOEICや英検など、マークシート方式の試験を受験するときに、当日持っておくといいものについて実体験もふまえて、 紹介します。


マークシート試験では以下のペンが早く塗りつぶせることができ、時間を短縮できる。


オート 木軸シャープ消しゴム付2.0 ブラック APS-680E-BK
オート (2013-12-02)
売り上げランキング: 80,848


自分の経験上ですが、英語の試験はだいたい時間との勝負になります。 特にTOEICについては、Listeningの時間にマークシートを塗っている時に次の問題が始まってしまったり、 Readingの時間が足りなくて最後の問題が解けなくなる。

じゃあ、問題数をこなして、早くとけるようになればいいのではないかということですが、 もちろん素早く聞いたり、素早く理解したりする勉強はします。

ただ、もっと手っ取り早く出来る方法はないかと思い、


マークシートを素早く塗るようなペンはないかなと思って探した見たらそのようなペンが発売されていました!


発売されているということは、やはりそういう需要はあるんだろうなーと思って、 少し高いが試しに買ってみました。



そこで、試してみたんですが、とても使いやすかった! 定量的に速度を測ったりはしていないのですが、感覚的に早くなったということは体感できました。


芯の部分が太くなっているので、一度にぬれる面積が広く、少ないストロークでマークシートを塗りつぶせました。 ただし、面積が広いため、逆に筆圧が下がり塗る部分は普段より薄い色になってしまうため、 機械が読み取れるか心配をしてみましたが、これまで英検、TOEICとこのペンを利用してみましたが、 問題なく識別されているようでした。



さくっと消せる消しゴムもかなり重要


マークシート用のペンを見つけたため、もしかしたら、消しゴムあるのでは、と思ったらありました。





これは特にマークシート用の消しゴムというわけではありませんが、 ネットで探してみると、軽いタッチで消せるらしく、マークシート試験を受験している人にとっては、 わりと有名な消しゴムのようでした。



実際に買ってみて、試しましたが、確かに消しやすかったです。 私は今まで、消しゴムを気にせずに、シャーペンの裏側にある消しゴムを使っていましたが、 その時は、なかなか消えずに、前問などもあわせて消してしまった経験などありました。



正直、この消しゴムを使っても前問などを消してしまうことがありましたが、消す速度は早くなったことは多少ながらですが、 感じることができました。







まとめ
  • マークシート専用のペンを使って、少しでも早く問題をとく。
  • ”よく消える”消しゴムを使って、消すことに対しても無駄な時間をなくす


要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索