勉強の大切さ(学生)





ここでは学生にとって勉強の大切さを認識し、モチベーションの向上に役立てて頂ければと思います。
現在、勉強は昔と比べ、非常に大切になっていると思います。


大学に行くだけでは全く評価されない


今の時代、難関大学で無い限り大学を卒業したからといって何の評価ももらえません。なぜなら、今は大学全入時代だからです。つまり、大学進学希望者数が大学側が必要とする人数を下回っているのです。


つまり、極端な話、競争率は昔と比べ格段に低下し、更に、大学を選ばなければ、理論上、大学にお金さえだせば行けるのです。
そのため、難関大学に入学することは非常に大きな意味をもつようになりました。そして一方では、普通の大学にでても評価をされないという厳しい時代になりました。

そのため、大学にさえいけばという考えを捨て、難関大学を目指して勉強しましょう!!


就職でのライバルは日本人だけじゃなくなった!


グローバル化した現在、日本企業は多くの外国人を採用しています。知っている人はいるかもしれませんが、某家電メーカーでは新卒採用の7割の採用を外国人にすると公言しています。


この動きは様々な企業で広がりますし、すでに多くの企業で、採用の外国人枠が増えているのは事実です



なぜなら、外国人はとてもハングリー精神がありますし、大学でしっかりと勉強しており、大学で十分な専門知識を身につけています。また、グローバルな市場で競争をするには英語が必須ですが、英語の学習も十分にできています。


そのため、日本の市場だけで競争していない現在、日本人を採用する必要性は少なくなってきています。
このような状況のため、勉強をして、自分の能力を高める事はとても大切です。
自分の将来、未来のために頑張りましょう!


まとめ
  • 「いい」大学に行くことが非常に重要
  • ライバルは外国人!彼らのハングリーさに負けてはいけない


要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索