勉強の大切さ(社会人)





社会人にとっての勉強の大切さを説明します。


職を失う可能性がある


終身雇用の時代は終わりました。
そのため、自分の力が会社に必要のない人材と評価されれば職を失います
それでは今必要な人材は何か?


それは業種にもよりますが、概ね言えることは、変革に対応できる人材です。
そのためには、過去の方法にとらわれず、新技術の勉強をして対応しなければなりません。つまり、日々の自己研鑽をしなければならなくなりました。


また、no残業dayという名目で、残業代をカットする動きも進んでいます。そのため、今以上に自分の時間を使って勉強する必要性が高まっています。


給料に直結する。



以下のデータを見て頂くと分かりますが、難関資格と給料はほぼ比例しています。税理士や会計士が給料が多いですし、会社員も資格手当等でお金がもらえますよね。それらを考えれば明らかだと思います。


しかし、会社員の場合、資格取得してもすぐに給料が上がるわけではないので、実感がなかなか難しいと思います。
そこで私が行っているオススメが、転職サイトへの登録です


そこで、自分のプロフィールを登録し、自分の定量的な市場価値を測りましょう。資格取得の度に、自分のプロフィールにその資格を登録すれば、採用担当からのオファーが増えたり、提示年収が上がるのを見ることができます。


また、そこで実感するだけではなくて、ステップアップできる企業なら、転職してみるのもいいでしょう。





まとめ
  • 現代社会で自分の生活を守るためにも勉強を
  • 給料を高めるためにも勉強する!⇒転職サイトで自分の市場価値を知る


要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索