効率よく暗記する方法





効率のよく暗記するためにすることは4つだけ!この4つだけを守って頂けると、驚くほど覚えが良くなることを体感すると思います。


どんな試験でも、合格点をとるためにはいかに多くの事を覚えるかが重要になりますので、これを実践して頂くだけでも、資格試験合格や大学合格に向けて、とても近道できると思います。


それでは、早速一つ目の方法をご紹介します。


声に出して読むこと



暗記するには人間の脳に印象を付けることが重要になります。
ではどうやったら脳に印象を付けることができるでしょうか?
それは、五感を使うのです。
五感を使うと脳に深く印象を刻むことができ、暗記がしやすくなるのです。


声に出して読むことはこの原理を使っています。つまり、読んで視覚だけを用いるのではなく、読むことで、視覚、そして、聴覚を使うことできるのです!


さらに、話すということは、脳を非常に使う動作のため、それも付随効果として、暗記力をさらに高めることができるのです。


私は暗記をするときには必ず行いますが、英語の勉強では特にこの方法を用いています。英語ではとにかく単語帳の例題をシャドーイング(CDに合わせて英文を読むこと)を徹底的に行っただけで、700点を超えることができました。


余談ですが有名な漫画「ドラゴン桜」はご存知でしょうか?
その漫画には、ある不良学生が東京大学への進学を目指すストーリーなのですが、 効率的な勉強法を紹介する場面が随所にあります。 その中に、この方法は推奨されています。
そして、次にご紹介する方法は、


短時間で繰り返す!



です。エビングの忘却曲線を聞いたことはあるでしょうか? あなたは英語の単語帳を一周するのに時間をかけすぎていませんか?覚えたい項目を覚えようと一単語ずつ必死で紙に書いて覚えようしていませんか?


もしあなたが該当するならすぐにその習慣はすぐにやめて下さい。それよりも書かなくていいので短い時間で多くの項目を見て下さい。 そして、その繰り返しに使う時間を増やしてください!





つまり
繰り返し時間を減らして、繰り返し回数を増やしたほうが効率的ということです。


理由はエビングハウスの忘却曲線を理解すると分かります。
心理学者エビングハウスが暗記に関して以下のようなデータを出しています。これは非常に有名であり、信頼性は高いデータです。


30分後には40%
24時間後には66%
1ヶ月後には80%を忘れる



というデータです。
驚きですよね。 つまり人間はよほど特殊な能力がない人以外は、
一度見た情報など、すぐに忘れてしまうのです。


そのため、一度に時間をかけて覚えても意味がなく、それよりは、
繰り返し繰り返し何度も見て、記憶のメンテナンスをするほうが重要になるのです。


さて、それでは次の方法をご紹介します。


脳が睡眠中に行う機能を利用する。


結論から言うと睡眠時間6〜7時間半をとってください。


なぜなら、脳は睡眠中に、一日の情報を整理しており、そこで、その日、覚えたことを脳に深く刻む行為を行っています。つまり、睡眠によって、記憶されていくのです。そのため、テスト前などに、徹夜して覚えた項目などは睡眠によって脳に深く刻む行為を行っていないため、すぐに忘れてしまうのです。


また、6〜7時間半とるべき理由は、世界の脳科学者たちの統計データから、ベストな時間であると発表されています。
詳しくは→ 睡眠時間を削るべき?
とにかく、効率的に覚えるには睡眠時間が大事なんだと覚えておいてください。


また、余談ですが、、6〜7時間寝ても睡眠時間が足りないという人向けに睡眠時間を睡眠の質を高める方法を紹介していますので、そちらもご参照していください。
睡眠の質を高める方法


さて、それでは最後の方法を紹介します。


記憶力が高まる栄養を摂取する


結論からいうと記憶力を高めるには以下の食物をとることで記憶力を高めることができます。


  • 鶏卵
  • 大豆
  • 納豆
  • イワシ
  • ライ麦パン

詳しくは⇒記憶力を高める栄養
をご覧ください。




まとめ
  • 声に出して読もう。
  • 早く、多く、繰り返そう.
  • 睡眠時間を6時間〜7時間半とろう。


要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索