移動時間を利用する





勉強時間を捻出するためには通勤時間、通学時間、ちょっとした買い物の移動時間を利用するべきでしょう。
では、その移動時間でどのような勉強ができるかをご説明いたします。


IPODによる耳学習、並びに、時間の短縮


IPODに勉強用の音声をダウンロードをして、耳で学習するのですが、そのためには、ダウンロード先を知らなければなりません。
以下私の推奨サイトです。
(⇒Febe


これらのサイトには、耳で学習するためのソフトがいろいろとあります。
例えば学生であれば世界史や、古文、漢文。
社会人向けには、TEOIC対策や、簿記、宅建など資格勉強も様々にあります。

また、おもちの単語帳にもCDが付いていると思います。それらを利用して、移動時間は積極的に聞き、勉強時間を増やしましょう。
実践してみて、気付くと思いますが、ただ流すだけになってしまし、本当に聞くことができていないので意味がないのではと思うと思います。


しかし、
ただ聞き流しているだけでも効果はあります

これは脳科学で証明されていますし、私自身も強く実感しています。
特に英語の場合は、本当にただ流しているだけで、ある日を境に「聞こえる」と思うようになりました。他の科目についても同様です。


そのため、電車で本を読みながらや、メールを打ちながら、聞いていてもいいです。それでも効果はあります!!


オーディオブックで日々のルーチンを耳で解決


社会人になると日々の情報収集を欠かすことができないと思います。そのため、雑誌、新聞、読書を読む必要あると思いますが、そのような方にお勧めなのがオーディオブックです。


私は確信しています。オーディオブックとは、本の内容を音声にし、本の内容を読むのではなく聞いて理解がすることができるのです。
私はこれを利用して時間に余裕ができるようになりました。


基本的に、本を読む時間というのは、早くても2時間程度かかりますが、オーディオブックを用いると、移動時間のみ本の内容で理解できるので、その2時間分が勉強時間にあてることができ、これを繰り返すことで、多くの勉強時間を作ることができました。




まとめ

・移動時間は耳で学習
・情報収集などのルーチンを耳で学習し、勉強時間を捻出


要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索