お勧め書籍





私が実際に用いたお勧め本を紹介いたします。
是非参考にしてください。

さあITパスポートを合格して、ステップアップとして挑戦する資格が、基本情報技術者試験ですね。


この勉強を初めると分かりますが、ITパスポートとは格段にレベルが上がりますよね。特に午後の試験なんて、大学や専門学校で、ITを扱わなかった人には、相当大変だと思います。私も相当苦しめられました。


一方で、書籍はある程度の知識を前提したように、難しい言葉を注釈なく、用いている難しい本が多々あります。
そのため、私は本屋でいろいろな本を立ち読みして、吟味して本を購入しました。しかし、それでの想定してものと違ったりと、時間とお金を無駄にしてしまった経験があります。


そこで、ここでは私のような、ITに関して全く経験のない人にとってお勧めの書籍をお勧めしますので、ITは弱いと思う人はぜひとも参考にしてください。






かんたん合格 基本情報技術者過去問題集 平成23年度春期 (徹底攻略情報処理シリーズ)かんたん合格 基本情報技術者過去問題集 平成23年度春期 (徹底攻略情報処理シリーズ)
ノマド・ワークス

インプレスジャパン 2010-12-03
売り上げランキング : 164147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



お勧め度;☆☆☆☆☆
過去問題集の中では、この本が一番お勧めです。とても分かりやすい。
なにより解説がとても丁寧です。
答えに該当する選択肢以外もなぜ間違っているのかをきちんと説明しています。また、他の本では説明を省き、公式化している説明をこの本ではきちんと説明しています
また図も掲載されており、IT初学者を意識したような丁寧な作りに多なっているため、初心者にはとてもお勧めの本です。
午前の試験に関してはこの本だけでも十分に余裕を持って合格できる本です!
とてもオススメ!!






基本情報午後完全合格教本 (情報処理技術者試験)基本情報午後完全合格教本 (情報処理技術者試験)
福嶋 宏訓

新星出版社 2010-12
売り上げランキング : 236331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お勧め度:☆☆☆☆
IT関係に従事している人は上記の過去問で十分合格できると思う。
しかし、私のようにITに疎いならば、午後問題で苦戦すると思います。
午後問題の苦手な方にこの本を絶対的にお勧め
私もそうだが午後問題ははっきりと理解ができない。なぜわからないかもわからなく、よく悩んでいた。
しかし、この本を熟読して、完ぺきではないが分かるようになってきた。読み終えるまでに時間がかかってしまうのは事実だが、アルゴリズムはなんなのか、
また、その解き方をやさしく教えてくれる。ITが苦手と思っている方にはぜひともオススメな一冊






平成23年度【春期】 基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)平成23年度【春期】 基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)
山本 三雄

技術評論社 2010-12-17
売り上げランキング : 2909

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



お勧め度:☆☆
正直この過去問題集はお勧めできない。
解説が分かりずらい。午前の問題は、どうして、その選択肢は違うのか理由をいくつか省略しているところがある。また、理解をすればいい2ビットの計算などを無駄に公式化して説明を省き読者に暗記をさせようとしている。正直この問題集を使って、合格しても本当の実力がつかない問題集だと思う。
また、午後の問題に関しては、私のような初学者にとっては、理解できない内容がほとんどである。
いいところをしいて言えば、問題と答えが見開きのページににあるので、私が推奨する、過去問を基に勉強することがやりやすいことである。






やさしい基本情報技術者講座 2009年版 やさしい講座シリーズやさしい基本情報技術者講座 2009年版 やさしい講座シリーズ
高橋 麻奈

ソフトバンククリエイティブ 2008-11-29
売り上げランキング : 354845

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



お勧め度:☆☆☆
この本を購入した理由は分かりやすそうだから。過去問を解きながら、分からないところを辞書代わりに使おうと思って購入。
実際、ふんだんに絵を使って説明してるし、難しい言葉を避けていたので、とても分かりやすかった。しかし、試験範囲をおさせていない。おそらくこの本だけで勉強して、過去問に挑戦した人は「全然解けない」と驚くと思う。それくらい、試験範囲へのカバー率が低い。
そのため、基本情報技術者試験の勉強を始めたばかりの時期の人には購入する価値はあると思う。






要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索