ITILv3ファンデーション お勧め書籍







ここではITILv3ファンデーションを勉強するにあたり、おすすめの書籍、私が使用した教材を紹介します。


また、あわせて試験取得のメリットについても紹介いたします。



ITILv3ファンデーションを学べば理想の運用が理解できる


●理想の運用手法が学べる


ITILv3ファンデーションは理想の運用方法を体系化した書籍を学ぶための資格です。


具体的には、組織の編成方法、及び、その組織の役割分担について記載をしています。


そのため、運用設計を考える部署にいる人には有用性の高い資格であると言えます。また、すでに運用されているシステムをよりよいものへ改善することができるため、現在、運用している人にも、役立つ資格です。


●ITILは企業において非常に重要視されている


運用設計について、ITILに準拠させる企業が増加しています。
ITILは世界的に評価されているため、ITILに準拠している運用をしている会社は運用の品質が高い会社と判断されます。ITILに準拠するには、ITILを熟知している人材が、必要となります。


つまり、企業において、ITILの資格を取得している人間は重宝されます。転職、昇進などの評価にもつながることができる資格なので、とっておいて絶対損の無い資格といえるでしょう。






IT Service Management教科書 ITIL V3 ファンデーション 第2版IT Service Management教科書 ITIL V3 ファンデーション 第2版
株式会社日立システムアンドサービス

翔泳社 2010-08-03
売り上げランキング : 18937

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



お勧め度:☆☆☆☆
私はこの書籍を勉強して、試験に臨みました。解説量、問題量が多く、初学者にも理解しやすい、いい書籍でした。

ただし、この試験の難易度は実際の試験と比較して、高い印象を受けました。そのぶん、この書籍を完璧にマスターすることで合格にすることが確実と言えます。


また、この資格は出題されるポイントはある程度決定されているため、この書籍で強調されているポイントを抑えておくことで、効率的に合格できるでしょう。


なお、実際の試験の難易度はこの書籍についている模擬試験と同レベルと思って頂ければいいでしょう。








要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索