LPICレベル1勉強方法





ここでは初心者の状態から、一ヶ月でLPICレベル1に合格するための、LPICレベル1の勉強法について、私の経験をもとに、記載します。


まず、LPICに合格するために私が行った3つのことについて解説します。


大まかにいうと、その3つは次の通りです。


①問題集、教科書を購入して、ひたすら問題を解く
②セミナーに参加する。
③アプリを使う。



それでは、上記について順々に説明していきます。


私がお勧めする教科書を一読し、問題集をひたすら解く!



教材の選び方にも記載した通り、教材を選ぶ方法には検討すべきことがいくつかあります。

その方法については教材の選び方に詳細に記載しておりますので、読んでいただければわかると思います。


そのため、ここでは、LPICに特化して、その教材について、レビューを記載します。


紹介ページはこちらになります。

LPICレベル1


セミナーへの参加


一人で黙々と参考書を用いて勉強していると集中力が途切れる経験はありませんか。


私は、独学を続けていると、どうしても、集中力がとぎれたり、モチベーションが低下してしまうことが多々あります。 そのため、それを克服するために、一般的には、専門学校に通うことが多いかと思います。


しかし、専門学校は費用がかかりますし、社会人にとっては時間の確保もなかなか厳しいと思います。 そのため、専門学校に通うというのはなかなか難しいかと思います。


そこで、私がお勧めしたい方法としては、LPICが主催している無料セミナーに参加することです。 詳細はこちらのリンクに記載してあります。
http://lpi.or.jp/event/20080611/index.shtml


実際に私も参加しました。


参加して感じたメリットとしては、以下の通りです。

●モチベーションを高めることができる


セミナーに参加すると、想像以上に、多数の出席者がいます。私が参加した、技術セミナーでは50人近くの参加者がいました。
そこで、「こんなにLPIC目指している人がいるなら価値ある資格なんだな」と思うことができ、やる気を高めることができました。


また、セミナーではLPICの講師をしている人が説明をしてくれますが、コマンドの名前の由来など、様々なTIPS等、暗記をサポートしてくれる多数の情報を入手することができました。


携帯のアプリケーションを利用する


LPICの問題集は非常に分厚い。
そのため、通勤、通学中の電車などでなかなか勉強できません。


そこで、通勤、通学での移動中に勉強するために、携帯のアプリケーションを利用することをお勧めします。


しかし、正直なところ、LPICのためのアプリケーションの数は非常に乏しく、なかなかお勧めできるアプリはありません。しかし、どんな教材でもやらないよりはましなので、電車で暇をもてあますぐらいなら絶対にアプリで勉強したほうがいいため、私はアプリを用いて勉強しました。


実際アプリを使って、勉強した感想としては、LPICのような暗記問題が基本の試験には問題数をこなすことが大事だと思うので、やってて良かったと思いました。


なお、私が利用したアプリは以下の3つです。


・LPIC教科書
http://www.lpi.or.jp/pressrelease/20110816_01.shtml


・LPIC問題集
http://www.honda-eng.co.jp/product/linao/product.html





まとめ
  • 適切な教科書、問題集を用いて勉強する。
  • 無料のセミナーに参加してモチベーションを高める。
  • アプリケーションを利用して時間を有効活用しよう。



要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索